<meta name="twitter:description" content="
Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/azuru/sv-sv.net/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/azuru/sv-sv.net/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284
共有:クリックして Twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして Google+ で共有 (新"> ワードプレスの”サーバーが見つかりません”対策|エックスサーバー編

ワードプレスの”サーバーが見つかりません”対策|エックスサーバー編

更新日:

こんにちは、サーバー案内人のナナミです。サーバー会社で働いていた経験を活かして、このサイトを運営しています。

今回はエックスサーバーを使っている人向けの内容です。

ワードプレスでエラー画面が出てしまった時の、原因と対策をお伝えしようと思います。

ワードプレスサイトで「サーバーが見つかりません」が表示された!

 

突然、こんな画面が表示されたら

「昨日まで表示できていたのに、どうして!?」

そんな風に焦ってパ二くってしまいそうですよね^^;

でも大丈夫です。その原因と対策をわかりやすくご説明します。

 

「サーバーが見つかりません」表示の3つの根本原因

「サーバーが見つかりません」表示が出る原因は、大きく分けて3つあります。

1.ドメインの問題
2.サーバーの問題
3.インターネット環境の問題

1.ドメインの問題とは

ドメインに問題があった場合は考えられるの2パターンあります。

1つは、そもそも打ち込んだドメインが間違っているという場合(半角なのに全角で打ってる、単純なスペルミス)

もう1つは、ドメインの契約切れか(何かしらの原因で)制限がかかっている場合です。

確認方法はドメイン管理会社のマイページで確認する、もしくは直接問い合わせをするのがベストです。

2.サーバーの問題とは

サーバーに問題がある場合は、2パターン想定されます。

1つはドメインと同じでサーバーの契約が切れた、もしくはサーバー会社から意図的に制限をかけられている場合です。

もう1つはサーバー本体そのものが、トラブル中である場合です。
この場合は、ユーザー側ではどうする事もできない可能性が高く、一度サポート窓口に問い合わせてみましょう。

3.インターネット環境の問題

最後は、インターネット環境に不備がある場合です。

試しに、Yahooなど他のホームページにアクセスしてみてください。もし、他のサイトも表示されなければ、インターネット環境の問題が高いです。

一方でキャッシュクリアを試してください。

、それはインターネット環境の問題です。

LANやルーターを確認し、問題がなければ、契約しているプロバイダーに連絡を取りましょう。

 

余計な事は不要!迷わず解決するための最短手順

エラーには3つの根本原因がある事がわかったと思います。

ここでは、そのエラー効率よく解決する具体的な9つの手順をご説明します。

 

1.まずは指定URL(ドメイン)が本当に正しいかを確認する

途中、全角になっていたりスペルミスがあったりしないか念のために確認を。

2.ドメイン契約が有効か確認する

ドメイン契約会社のHPもしくはサポートへ問い合わせます。

3.サーバー契約が有効か確認する

エックスサーバーのインフォパネルにログインし、サーバーの期限を確認します。
もし切れていたらクレジットで支払うと、一番最短で復旧するそうです。

4.他のホームページが表示できるかを確認する

ホームページが表示できれば、インターネット環境自体は問題ないです。
この場合、ブラウザの問題が考えられます。

5.違うブラウザを使うと表示できるか確認する

InternetExplolerやFireFox、Safari、GoogleChorome など。
今使用しているものとは別のブラウザで試してみてください。
ブラウザの不備なら、別ブラウザを使うか現在のブラウザの再インストールを。

6.ブラウザとルータのキャッシュをクリアする

古いキャッシュ(履歴のようなもの)がブラウザ表示を阻害している場合が多々有ります。
一度、綺麗にしてしまいましょう。

▶︎ここまで確認して、自分が指定したドメインだけが見れないのであれば手順7へ

7.インターネット環境(LANやルーター)の配線や電源を確認する

LANケーブルが抜けたり、ルータそのものの電源が落ちてしまってないか確認します。

8.インターネット契約が有効か確認する

プロバイダーに直接確認しましょう。

9.エックスサーバーのサポート窓口に問い合わせる

平日10:00〜18:00であれば電話窓口が対応してくれます。それ以外の場合は、メールで連絡すると24時間以内に返信がくるそうです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

最後に、解決までの具体的なアプローチ手順をまとめたいと思います。

1.まずは指定URL(ドメイン)が本当に正しいかを確認する
2.ドメイン契約が有効か確認する
3.サーバー契約が有効か確認する
4.他のホームページが表示できるかを確認する
5.違うブラウザを使うと表示できるか確認する
6.ブラウザとルータのキャッシュをクリアする
7.インターネットの配線や電源を確認する
8.インターネット契約が有効か確認する
9.エックスサーバーのサポート窓口に問い合わせる

 

項目が多いように感じるかもしれませんが、1つ1つ時間がかかるものではありません。
落ち着いて対処してくださいね。

この記事がお役に立てたら、嬉しいです ^^

  • B!